介護・バリアフリーのお風呂リフォームをお求めの方|東京のお風呂・浴槽リフォーム

お風呂リフォーム|東京

ご相談だけでもお気軽にどうぞ! TEL:0422-39-5366 営業時間:9:30~19:00 定休日:毎週月曜日・祝日・第2・4日曜日

一級建築士事務所 東京都知事登録 第52846号

  • 真心のお風呂リフォームは東京の相真工務店|HOME
  • 価格・費用の相場は?
  • よくあるお悩みと解決策
  • お役立ち情報
  • お問い合わせ

介護・バリアフリーのお風呂リフォームをお求めの方

お風呂リフォームなら東京の相真工務店TOP > 介護・バリアフリーのお風呂リフォームをお求めの方

安全なバリアフリーのお風呂

家族みんなに安全・快適なお風呂を

家族みんなに安全・快適なお風呂を

バリアフリーとは体の不自由な方や足腰の弱いご高齢の方でも、安全かつスムーズに日常生活が送れるように、建物の障害(バリア)を取り除く(フリー)こと。また、ご高齢の方でなくてもケガや病気のときには、階段やちょっとした段差でもつらく感じることでしょう。

特にお風呂は誰もが使うところなので、家族みんなにとって安全・快適な空間にしたいですよね。安全性を考えてリフォームすれば、体が不自由な方やご高齢の方も、みんなが安心して気持ち良く入浴できる空間に。こちらでは、バリアフリーのためのリフォームポイントについてご紹介します。

POINT1 転倒の危険をなくす

お風呂は、水濡れや石鹸などで転倒するおそれがある空間ですが、手すりを付ける、段差をなくすといったリフォームで防止できます。

転倒防止のためのリフォーム例
  • 床を滑り止め付きの床材(グリップフロア)に変える
  • 浴室の出入口と洗い場に手すりを付ける
  • 浴室入口の段差をなくす
  • 引き戸にする
  • 浴槽をまたぎやすい高さ(30~45cm)にする
  • ベンチカウンターを設置する
  • 椅子に座ったまま入浴できる機械(スライドチェア)を設置する
  • 浴槽内昇降機(バスリフト)を設置する
  • 介護椅子を設置する

POINT2 温度差をなくす

POINT2 温度差をなくす

冬場の「暖かい居室→寒い浴室→熱い浴槽」という急激な温度差は、血圧を大きく変動させ脳や心臓に負担を与えてしまいます(ヒートショック)。それが原因で、心臓疾患や脳卒中を引き起こすことがあるのです。特に高血圧や不整脈の傾向にあるご高齢の方は、より体への負担が大きくなります。

寒い時期にはあらかじめ浴室を暖めておくことが大切。浴室暖房を設置すれば、寒い思いをせず、体に負担をかけずに入浴できます。浴室の温度差はたいしたことのない問題だと思われがちですが、体への影響は大きいので十分な配慮が必要です。

ヒートショックを起こさず、安全・快適なバスタイムを過ごすために、各部屋間の温度差に対して様々な対策をご紹介しています。ぜひご参考にしてください。

ヒートショックを起こさないために

冬場は、居室と浴室の温度差が10℃以上にもなると言われています。ヒートショックを予防するためには、居室との温度差をプラスマイナス2℃以内にしておきましょう。浴室に暖房機能を付ける、入浴前に熱いシャワーを出して蒸気で暖めておく、といった対策が有効です。

全室暖房でヒートショックを予防

日本では部屋ごとに暖める「局所暖房」が主流ですが、「全室暖房」に切り替えることでヒートショックを防止できます。

「全室暖房」とは、暖房を設置して全部屋を一定の温度に保つことです。ボイラーなどの加熱装置を利用し、そこで作られた温水を壁の中に通して各部屋に送り部屋を暖めるというもので、家屋内の各部屋の温度が均一に保てます。大掛かりな工事が必要なためコストは高くなりますが、安全性や快適さを考えると「全室暖房」を視野に入れたリフォームをご検討いただくと良いでしょう。

東京・三鷹にある相真工務店では、「全室暖房」と「局所暖房」に対応したリフォームをご提供しており、お客様のご希望やご予算に合わせて、様々なプランをご提案します。まずは理想のお風呂についてお話しください。お客様専属の担当者が誠心誠意対応させていただきます。

  • もっと詳しく見たい!CASE1:戸建て住宅の方はこちら
  • もっと詳しく見たい!CASE2:マンション・団地の方はこちら

メールのお問い合わせ TEL:0422-39-5366 営業時間:9:30~19:00 定休日:毎週月曜日・祝日・第2・4日曜日

▲ページの先頭へ